アゴ削り施術について

経験豊富な医師と十分なカウンセリングを

術後しばらくは包帯によって固定しなければなりませんし、麻酔が切れたとたんに痛みやしびれを感じることも。
ほとんどのクリニックで痛み止めなど処方されるため、激しい痛みに苦しめられる心配はありません。
ただ内出血や腫れが起こる場合もあります。
どの程度の症状になるかは個人差もありやってみなければ分かりません。
とはいえ少しでもリスクを減らすために技術力の高い医師選びをすることをおすすめします。
削るという作業のためたとえ失敗しても元に戻すことはできません。
修正手術は更に困難を極めます。
患者の望むがままに削りすぎるとあごの骨が弱くなってしまったり神経を傷つけて顔面麻痺などの副作用が起きたりと日常生活に大きく影響してしまうこともあります。
骨を露出するために筋肉などの組織を骨から引き剥がすのですが、それによって皮膚にたるみが出てしまうことも。
経験豊富な医師とカウンセリングにて十分に話し合いをした上で行ってください。

アゴ削りの施術方法経験豊富な医師と十分なカウンセリングを効果も高い一方で副作用のリスクも

アゴ削り | 南クリニック